ジェイクロのクスッと

日常の出来事、思ったこと、体験したことをクスッと綴る。趣味はカメラと旅行、時々カヤック。興味は歴史と経済とスピリチュアル。関心は健康。特化は別荘ライフと英語かな?

カテゴリ: 菅平高原 十ノ原山荘

 妹家族と過ごしたこの年末。28日の夜半に自宅を出発。十ノ原には0時過ぎに着く。気温はマイナス5度。雪は思ったほど積もってはいない。
 水出しは朝になってからだ。やる気が出ない。なので緊急用にトイレタンク用と飲料水はポリタンクに用意した。

 ここから2.5泊の年末山荘ライフだ。若い者らはスキーやスノボに出掛ける。オレはそういうことはしない。
 それでもオレなりに定番の時間を過ごした。

 最初はスパイシーチキンカレーを作ること・・・数日前にYouTubeでニューレシピをチェックした。この日は満を持して最高のカレーを作る、つもりだ。。。用意周到のおかげで、結構な出来映えであった。評判もよかった。が、画像は撮り忘れた。なので証拠はない。
 カレー作りのコツはつかんだ。最終目標は店の味を出すことである。

 二番目は菅平高原牧場にスノーシューしに出掛けること・・・目的は身体を動かすことと、そして写真を撮ることである。

 菅平にはスノーシューコースが二つある。パノラマコースと牧場コースだ。どちらにするか最後まで迷った。パノラマコースはリフトに乗る。即ち500円掛る。。。年を取るとこの500円という金額がなんだか重く肩にのしかかる。
 てなことで、行き慣れている牧場コースを選んだ。まぁ、朝起きたときは「行きたくねーな」とも思っていたので(出て行くのが面倒くさい)、お金を使うことを躊躇した。はぁ。
ldtaranoki-20221230-141134
 ここがスタート地点。駐車場には既に数台の車が停まっていた。他県のクルマである。スノーシュー目当てだろう。
 遠くに根子岳と四阿山が望まれる。皆、思い思いの方向へと歩き出す。コース案内板は各所にあるのだが、コースはあるようでない。
ldtaranoki-20221230-110853
 用意万端、歩き始める。雪の中に何かを落としたら、簡単に見つからなくなる。スマホの入れ場所がなく、胸ポケットに入れておいたら、一度後ろ向きにコケたとき案の定スマホが雪の上に飛び出した。ヤッベェ。これだけは、気を付けろ。
ldtaranoki-20221230-134914
 牧場を横断する可愛いキツネの足跡を多く見かける。一度だけ、歩いているところを見かけたことがある。近づくことは出来ない。
ldDSC07085 (2)
 根子岳と四阿山を背景にした白樺の美しい姿。数歩歩いてはカメラを取り出すので、中々前には進めない。
ld sugadaira bokujo
 オレ的到達点。菅平牧場の売店そばの東屋。パインなんとかというスキー場が対岸に見える。この辺りが、パノラマコースの終着点に繋がっている。元気な人は引き続きパノラマコースに向かうことも出来る。
 オレはここでおにぎり二個の昼飯と水分補給だ。そして来た道を戻る。勿論全く同じ所を通ることはない。
ldtaranoki-20221230-125052
 意味不明な物体。なんやねん。写真撮りには面白い題材。

 往復で3時間ほど。距離にして2.5kmの行程だ。散歩には丁度いい。何が起こることもないのだが、牧場の丘陵地帯を歩くので、緊急避難路的に道路がすぐ横を走っているのも安心材料だろう。
ldDSC07066 (2)

ldDSC07068 (2)
 およそ、こんな雪の表面にとび出た木の芽などを撮って遊んだ。

 三番目は星系写真を撮ること・・・久しぶりなので赤道儀の組立に四苦八苦する。知恵の輪をやっている気分になる。しかもどこか壊れている。オマケに三脚も調子悪い。
 もう撮るのよすか?そんな気持ちと戦いながら、それでも諦めずに、なんとか機材セッティングをでっち上げ、夜空を写真に収めることができた。
tanbo2022_332 (2)
 0時頃まで月が出ていたので、これが沈むまで待つ。既に日付は変わっている。気温はマイナス5度位だろうか。星々は肉眼で見た方が感動の度合いは大きい。ワラ。 
ldtanbo2022_331
 この日はシグマの14mmの単焦点F1.8という好感度のレンズを使用したおかげで、開放10秒という短時間で星を捉えることが出来た。
 Pixenの赤道儀の調子悪さをカバーして有り余った。Pixenいらなくネ?と思った瞬間。ワラ。

 さて寝坊した大晦日の朝、気が付けばもう昼近い。
 早めの帰宅を決意。三日間よく晴れ渡る素晴らしい年末の天気であった。

 しっかり掃除をして山荘君に感謝の気持ちを伝えると、まずは「十福の湯」へと向かう。今年一年の垢を落とすのだ。。。
 普通ならばこの後、行きつけの「いたこ庵」で蕎麦を食すのであるが、大晦日は年越し蕎麦の注文が殺到して店にやって来る客の面倒まで見られないということが分っている。
 よって、とりあえず軽井沢まで下道を通り、適当な店があったらそこで昼飯兼晩飯を食おうという算段だ。

 が、結論を言おう。そんな店、なかった。
 更に高崎まで下道を通った。訳の分らん道を通って、危うく事故りそうにもなった。高速代を浮かして下道を行こうなどと考えては行けない。肝に銘じるべきだ。冷汗。。。

 で、結局、高崎市内の「木曽路」にて、トラフグコースをいただく羽目になった。何のことはない。3人で3万円なりの2022年家族で食べた最高額の晩飯となった。。。気がする。
 よって、更に高速代を浮かせるべく、自宅まで下道を走ったのは言うまでも無い。焼け石に水。


 あっ、そうだ、オレのブログを読んだという奇跡の人に出会った。しかも凍てつく夜中の1時過ぎの山の中で。。Iさん、ありがとうございます。あの後あなた達がどうなったのか、、、それだけが気がかりです。

 今年も早や師走。。。半年ぶりに十ノ原へ出掛けた。水抜きをするためだ。8月にライダー君で日帰りして以来だ。金曜の夜中に自宅を出発、1時過ぎに十ノ原に到着する。
ldDSC06856
 庭はすっかり冬の準備。あと一月もすれば雪に覆われることだろう。
ldDSC07042 (2)
 今回驚いたのがコレ↑だ! 庭の栗の木が初めて実を付けたのである。相当数のイガグリが落ちていたのだが、中身は全てもぬけの殻だった。動物が食べていったのか、近所の人間が取って行ったのかは定かでない。
 なにしろ、来たのが8月以来で、秋の風情を楽しむ余裕はなかった。山栗が毎年なるのかどうかは?なところはあるが、来年を楽しみにしたい。えらいぞ、クリ!
ldDSC07044
 庭の樹木を相当切り倒したので、それまで日陰者だったこの栗の木は、見ての通り、屋根より高く大きく成長したのだった。自然の力はすごいな。
 まさか、自分の家の庭で山栗が収穫できるようになろうとは。。。プチ嬉しい。
ldDSC07054 (2)
 こちら ↑ は、南面の生け垣?のニシキギの冬の姿。こう見ると、面白い形だ。全部で12、3本植わっているのだが、こいつらも、数年前より日当たりがよくなったせいで、元気復活した。 
ldDSC07060
 この季節、夕暮れ時は少しさみしい。それでも、土日終日、庭の枯れ枝を片付けたりしながら、久しぶりにのんびり出来た。

 日曜午後には早めに水抜きを済ませ、十ノ原を後にする。そしていつもの温泉に浸かり、途中で晩飯を喰ったら、下道を通ってのんびり夜半に帰着した次第だ。

 水抜きはしたが、月末にはまた来るんだよなぁ。。。


 雨天順延もあって、かれこれ1ヶ月半の工期がようやく終了した。この週末、関東は40度近い猛暑日ということだったので、塗装の出来映えチェックを兼ねて避暑に出掛けた。ワクワク。

 最近定番となりつつある、金曜の夜自宅を出発し0時過ぎに山荘へ到着するというパターンで十ノ原に着いたのは1時過ぎある。
 下手をすると、あと数時間で明るくなる。とりあえず、持ってきた酒を飲んで、一息つく。
ldDSC06368
 寝たのは3時頃だったか。早朝まだ眠いのに、サンチャンに起こされた。外に行こうの催促である。おかげで朝日に輝く瑞々しい新品塗装の壁をじっくり鑑賞することが出来た次第でもある。
ldDSC06372
 南面が一番痛みがひどかったのだが、この通り。生まれたばかりのカブトムシのようなテカリである。これで一安心。
ldDSC05963
 こちらは、半年前の南面壁の状況だ。写真ではわかりにくいが、よく見るとあちこちがささくれ立ってきていて、下地の木目が露出し始めていた。
ldDSC06374
 新築の家のようだ。今売ったら、買ったときより高く売れそう。いやいや、あと15年は御世話になるつもりだ。
ldDSC06380
 このたたずまいが好きだ。それにしても庭は草ボウボウ。緑の中の我が家である。一休みしたら、マキタの刈払機で一仕事だ。はぁ、結構な労働なのだ。
 前夜のバドの消耗はまだ回復していない。ガソリンがなくなるまで、頑張った。が、マキタはメンテが必要そうだ。
ldDSC06436 (2)
 どうにか、気合いを入れて、庭全体をキレイにした。11時頃から始めて、終わったのは2時過ぎだ。その後は、遅いランチと共に、庭でビールタイム。この時が一番ホッとする。

 余り見たことのないカミキリムシがやってきた。しばし戯れる。一仕事終えた後には、色々な虫たちがやってくる。俺の腕の、汗で吹き出した塩分を舐めにくるのだ。カミキリのあとには、蝶もやってきた。 

 予報では、最高気温29度と出ていたが、そこまで暑くなることはなく、雨が降ることもなく、さすが菅平という気持ちの良い一日だ。
ldDSC06569
 虎の尾という野草もあと1週間もすれば白い花を咲かせる。
ldDSC06584 (2)
 オダマキはそろそろ見頃だ。庭に沢山咲く。目立たない花だが、オレは好きだ。
ldDSC06585
 因みに今回の塗装の総費用は、196万円である。25年もつという最高級塗料を使用した。安いヤツだと、約150万円コースというのもあった。その場合保ちは15年。
 業者を選べば、もっと安いヤツもあるだろう。

 それから、階段周りの大工補修費用は5万円程度だった。

 4月になって、地元の塗装業者と工事請負契約を結んだ。階段周辺の腐食の修繕は塗装業者のお友達の大工さんに依頼した。
 合わせて、4月末からの工事開始となった。ここまで計画通りである。

 因みに、外壁塗装はオレがここのオーナーになってからは初めてである。11年前に、前オーナーが3年くらい前に塗装したと言っていたから、およそ14年ぶりの塗り替えとなる勘定だ。
 今回は、20年持つ最高級塗料を選択したので、若干高くついたが、しかたない。あとあと効いてくるという計算だ。

 と言うわけで、GW後半の週末、工事進捗の様子見に出掛けた。
ld tonohara 20220508a
 足組が裸で露出していると思ったのだが、実際はこのとおり、ビニールシートに覆われていた。階段の腐食の修繕も進んでいる。手すりが付いている。
tonohara 20220508c
 テリトリーを広げたタンポポと水仙と芝桜が満開であった。中々のお花畑観がよい。例年この時期はまだ十分に寒いのだが、この日は妙に暖かかった。いや、暑かった。
 よってランチは外で。景色を眺めながら一人楽しくビールも飲んだのは言うまでもない。
IMG_1254
 ビニールシートの内側はこのようになっている。西側の壁は既に古い塗料が剥がされていた。この手間は相当なものだと、素人ながらにも同情したくなる。が、プロは難なくコレをこなすのだろう。
 地に傷みがないので一安心だ。
IMG_1256
 足場は一段ではない。今回は屋根も塗り替えるので、屋根の縁まで階段がつづく。シートで恐怖感が薄れているが、結構な高さである。
IMG_1255
 屋根を間近に見るのは初めてだったが、すでに十分に退色している。もう地肌が出ているのでは?と思うくらいだ。ここはモスグリーン調になる。
ld tonohara20220508e (2)
 今回は、山菜の採取も楽しみの一つだった。この木はコシアブラ。十分に収穫されたが、上の方はハシゴを掛けても届かず、あとは無理せず、残すことにした。
ld tonohara20220508d
 こちらは、行者ニンニク。例年に比べて大きく成長した葉が多い。天麩羅ではなく、炒め物にしてもいい。随分前に北海道に行ったとき、初めて行者ニンニクラーメンというのを食したが、それが思い出される。
 このほかに、ハリギリ、コゴミも収穫。近いうちに食卓に上るだろう。そういえば、庭に小さなタラノキの芽が出ていることを発見。収穫までには数年かかるが、小さな悦びとはこのことだ。
ld tonohara20220508b
 たっぷり庭で遊んだ後は、近くのスーパーで買ってきた「とちおとめ」でビタミンC補給である。

 この週末も関越道下りの混雑を予想して、金曜の夜中に出発。日曜の夜には自宅に戻ったが、どちらも拍子抜けするくらい、高速はガラガラだった。

IMG_1266
 今回の収穫。。。これから天麩羅三昧といったところかな。行者にんにくは野菜炒めのほうが良さそうだ。



 愈々大晦日。とはいえ、十ノ原にいると、そんな俗世のしがらみも忘れる。昨夕からチリチリと降り始めた雪は、朝にはたいそうの大雪となった。
ldDSC06088
 カバチャンも埋もれた。大量の降雪に見えるが、ふわふわなので、雪かきはそれほどの苦行ではない。
IMG_1123
 10時過ぎには除雪車が出動した。
ldDSC06098
 午後には撤収するので、大掃除。いや、小掃除か。天井やファンの埃を落とす。
ldDSC06103
 冬の間、桟に溜まる湿気はカビの原因だ。除湿機をフル回転しても、どうしてもこうなる。
IMG_1126
 本日の年越し蕎麦は「茶飯事」さんのマイタケ天ぷら蕎麦。美味なり。
IMG_1124
 カバチャンは、なんだかんだで頼りになる。ただ、こう言う天候の時(外気温マイナス8度、雪)、ワイパーがイカレる。ゴムが凍って、ワイプしない。これは致命的なんだよなぁ。
 冬ワイパーなるものを着けたいのだが、適用があるのかどうか不明だ。今度、車検なので、訊いてみることにする。

このページのトップヘ