2022年のペナントレースはあっと言う間に終わった。オレの記憶が正しければ、ファイターズは、最初から最後まで最下位から一度も抜け出すこともなく、トライアウトを貫徹した。

 一年前、新庄の監督就任については巷間賛否両論、30対70くらいで否が優勢であったが、終わってみれば、これはほぼ逆転したかのような様相である。

 勝ちにこだわる采配は殆ど見せず、負け続けたわけだが、だからといって、試合を観たくないとは思わなかったところが不思議である。勝ってもつまらん試合というものがあるとすれば、負けても面白い試合というモノを見たような気がしなくもない。

 さて、今年一年のトライアウトを振り返って、来年の活躍が期待される台頭著しい選手をあげておこうか。

 まずは、上川畑だろう。何故ドラフト9位だったのか、不思議な選手だ。ショートの問題はこれで解決を見たといってもいいだろう。打撃も上位を打てる力がある。

 次は、清宮か。崖っぷちに近いところから、なんとか成長の糸口をつかんだ。ホームラン18本は評価に値する。

 Pでは、根本君。元々期待はされていた若手ナンバーワンだろう。今年三勝した。吉川光夫を彷彿とさせるストレートとスライダーのコンビネーションは魅力がある。

 あとは、キャッチャーの古川。最初は打つ方がからっきしの印象だったが、段々風格が出てきた。肩の強さはライトからの捕殺で実証した。ポンセのノーノーの時もマスクをかぶっていたはず。

 では、気は早いが、現有勢力で来年のローテと開幕スタメンを予想しておく。

 ローテは、上沢ー加藤ーポンセー伊藤ー根本ーメネズでいいだろう。メネズのところはガントが来年もいるならばありかも知れない。
 ここに割り込んできそうなのが、達、鈴木、河野あたりか。

 スタメンは以下の通り。

 1.センター  五十幡
 2.ショート  上川畑 (1,2番はバタバタと呼ばれるコンビに成長する。)
 3.サード   野村
 4.ファースト 清宮
 5.ライト 万波
 6.DH 松本
 7.セカンド 谷内
 8.レフト 今川
 9.キャッチャー 古川

 これはコンスケがFAで移籍する前提だが、残るとしたら、レフト近藤で、3番になるだろう。

 そして課題はクローザー。北山なのか石川なのか、将亦伊藤が後ろへ回るのか、この辺りは楽しみではある。

 既に何人か戦力外通告を受けたが、これでは終わらないだろう。さらに来年の契約が怪しいのが、杉谷と渡邊。まだやれそうな気もするが、他所が拾ってくれるだろうか。ワンも普通に考えれば来年はないだろうが、台湾枠があるとすれば、もう一年くらいはやるのか。。。いや、ないだろうな。

 Pでは宮西、金子といった所だろう。潮時のようにみえる。この二人はコーチ就任を打診されるかも知れない。

 さて今年もドラフトが近くなってきた。オフの方が楽しめる、最近のファイターズファンではある。ワラ。